マジックボックスFX

今回の商材はこちらです。
合同会社PATHFINDER、生田智也 くまひげ先生
くまひげ先生の『マジックボックスFX』
マジックボックスFXは、これまで
・FXバックドラフトPROや
・プライスストラクチャーFX
などといった
良質な教材を開発してきた「くまひげ先生」による最新インジケーターです。
これまでに販売してきたシステムの評判も良かったことから販売開始からアフィリエイターが動いていますね。
このマジックボックスFXはプライスアクションとトレンドラインを使用しています
そして、くまひげ先生の”プライスアクショントレード”をシステムに落としこんだことによる、非常に有用的なシグナル配信ツールとなっています。
プライスアクションという意味をご存じない方のために説明すると、これには「価格変動」という意味があります。
ただ、これだけではどういったやり方かは伝わらないと思うので、プライスアクションについて簡単にご説明したいと思います。
相場を動かすのは「ビッグプレーヤー」と呼ばれる機関投資家です。
一般人が利益をFXで出すためには、ビッグプレーヤーの動きを追うのが必須ですね。
ビッグプレーヤーであればあるほどロウソク足という形ではっきりとやり口がわかります。
プライスアクショントレードというのはビッグプレーヤーのやり口を分析して、その後のチャートを読んでいく手法です。
これこそが、このくまひげ先生のやり方のベーシックな考え方となっているわけです。
実際のところ、プライスアクションを極めることができれば勝てるのでしょうか?
答えはYESです。
安定的に相場から利益を勝ち取っていく、素晴らしい手法をてにいれたも同然です。
毎月数万は当然のこと、数十万以上も十分に効果を期待することができるというわけです。
一人でこれをやろうとすると、それら全てのパターンを理解し、習得することが必須となります。
となれば、膨大な時間と努力、学習、研究が必要ですよね。
1人では難しいプライスアクショントレードをくまひげ先生独自の視点からシステムにまとめあげたのが、この教材です。
素人でも、実践できるように開発されていますので、マジックボックスFXは安心して使えます。
ちなみにマジックボックスFXのチャートは、青のボックスは上昇転換を意味し、赤のボックスは下降転換を意味するというシンプルなもの。
シグナル点灯時にチャート上に価格が表示されます。
マジックボックスFXを使用することによって
・トレンドラインブレイク
・エントリー
これらをすぐに判断できます。
つまり素人でも無理なく実践していくことが可能です。
さらに、マジックボックスFXではトレードを行うに当たって対応通貨ペアや時間足の指定がないようです。
全ての通貨ペアで稼働させることが出来るんですね。
これまでのMACDやRSIなどの指標を組み合わせた手法では、過去のデーターから算出した上でシグナルが表示されました。

どういうことかというと、これでは相場の動きについていけず、一歩遅れてシグナルが表示されていたんですね。
でも、マジックボックスFXではこれまでのシグナル配信ツールよりもスピーディーな相場の分析、判断を期待できます。
これらのメリットから私はこの商材を、
「優良商材」と判断します。