情報商材の訴訟!?

今回はいつもと違った感じの記事になります。
こちら、見ていただけますか?
要約すると、「稼がせてくれたネットビジネスを、なぜか訴えようとしているサイト」です。
意味がわかりませんよね??
私も分かりません……。
稼がせてくれた人に対して訴訟をする?
何を考えているのかと不思議になります……。
このサイトの一番の主張は
>4か月で60万円しか稼げませんでした。

ここです。
4か月で60万円稼いだということは、月に15万です。
フリーターの月収みたいなものですよね。
これを副業で稼げたなら、文句はないと思うのですが。
ブログやメルマガで情報を発信したりしていると、よく色々なメールをいただきます。
一番嬉しいのはやはり、成果報告ですね。
「報酬があがりました!」
「今月は1万円を突破しました!」
「脱サラしました!」
こういうのを見ると私もテンション上がってしまいます。

逆に、「稼ぐ額が少ないから訴えます!」なんて人はいません。
悲しいメールは諦めのメールです。
「全然稼げないので今度は○○をやってみます」
「赤字なので断念します」
「どうやら私はアフィリエイトには向いていなかったようです」
もちろん、多くの人が実践すれば、
中には脱落してしまう人が出てくるのも仕方のないことです。
しかし、諦めるのがあまりにも早い人が多すぎますね……。
ネットビジネスが、ちゃんとしたビジネスである以上、どんなジャンルにも試練はあります。
ちょっと話がそれました。

ネットでお金を稼ごうと思ったら、絶対に意識しておいてほしいことがあります。

「すべては自己責任でやるべき」ということです。
何事も人のせいにしてはいけないのです。
儲かるビジネスには必ず何らかの形の試練があり、それを越えることで初めて稼ぐ側になれます。
稼ぐ側の一員になるためには、
試練にぶつかったときこそもっとも頑張らなければなりません。
「試練にぶつかったからやめる!」なんて言っていたら、何やっても稼げないままです。
また、ライバルがいるという状況はビジネスをやる以上当たり前であって、それほど恐れるべきものではないです。
別にみんながみんな必死になってやってるわけじゃないですから……。
ライバルがたくさんいるということはつまり、市場が動いているということです。
チャンスなんですよね。

だからこそ、このサイトの人みたいに、試練にぶつかったからといって(そもそも稼いでいるので、試練でも何でもないですが……)、他人を責めるのはダメなのです。

今回は番外編でした。

 
 

!!レビュー依頼や相談、何なりと受付中にて候!!

現在私のブログの元に、ネットビジネスの

高額塾や情報商材を試したが、

「騙された」

「結局稼げなかった」

という声がたくさん届いています。

 

被害者の方が実際に購入された情報商材の中身も多くいただきます。

また、各種ASPの中の人ともつながりもありますし、

レビュアーにも知り合いが何人かいます。

そうした縦・横の充実したつながりを持っていますので、

 

これ以上騙されたくない方、本当に優良な商材を知りたいという方は、

ぜひこの私にご相談いただければと思います。

情報商材の返金相談も承っています。

 

稼げた情報商材や稼げなかった情報商材の口コミもお待ちしています。

これ以上の詐欺拡大を防ぎ、お礼を言ってもらえることがすごくありがたいですし、

私のライフワークの一部となっています。

もはや生きがいともいえるでしょう。

 

まずは左にあるメールフォームからご連絡頂ければと思い思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す